映画『食べて、祈って、恋をして』について

最近、知人がこの映画を観たいと言っていて、 映画『食べて、祈って、恋をして』 を観ました。


映画を軽く解説すると。

世界中の女性から絶大な支持を受けるエリザベス・ギルバートの自伝的ベストセラー小説を、ジュリア・ロバーツを主演に迎えて映画化した人間ドラマです。
ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、自らを立て直すために出た旅の日々を描く。


この映画が気になっている女性、多いんじゃないかなと思いますが・・・気になってる方へ、映画の感想を。



ついつい自分を責めてしまう人、そこからの抜け出し方が分からないという人におすすめです。


苦しんでいる主人公が、旅の間にも苦しみながら答えを探す様子を通して分かりやすく自然に、はっきりと考え方を教えてくれる映画、その心理学に基づいた内容も2時間半ほどかけて観る、自然な主人公の経験の中で、共感しながらすんなり入ってきます。


あなたが自分はだめだと思っていたら、そこから抜け出す方法が見えていないとしたら、その方法を見つける
きっかけ になると思います。


完全に共感して泣いちゃいます。



言いたいことを自然に言い合える人と観るのをおすすめします。


女性向けに見えますが、そのなかのヒントは性別に関係ないものだと思います。(男性には観に行きづらいかもですが)


ちなみに状況によっては恋人同士、夫婦では見ない方がいいかも、誰かと一緒に観るなら、
恋愛対象でない人とどうぞ。


ジュリア・ロバーツ新作映画『食べて、祈って、恋をして』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=28axKuu1JIw



Word by IW DESIGN (IW DESIGN ONLINE STORE)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック