キューバから届いた至福の音楽 "Buena Vista Social Club"

今日はおすすめ映画です。


昨日、渋谷のミニシアター、シネマライズが閉館!?というニュースを聞きましたが、どうやら原点回帰で、元の1館での上映スタイルに戻すらしいです。


今後は本当の選りすぐりのみ上映するらしい。


まだ残ってくれる事が分かって、ほっとしました。


シネマライズでの映画で最も思い出深いのは「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」です。


並ぶ事が大嫌いな僕ですが、この映画観たさに集まった大勢の人達と、長時間待たされたからかもしれません。


でも、本当に待った甲斐がある映画でした。


映画はここのブログに度々登場するヴィム・ヴェンダース監督の作品。


「パリ、テキサス」のサウンドトラックで、ヴェンダースとの見事なコラボレーション果たしたUSロック界の異端ギタリスト、ライ・クーダーが、敬愛するキューバ音楽界の古老たちをたずね、アルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を作り上げる様子を描いています。


アルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は、世界中で100万枚以上のヒットをとばし、97年のグラミー賞を受賞しました。


それまで知られていなかったキューバの老ミュージシャン一人一人の来歴、演奏・収録シーン、キューバの光景を織り交ぜたドキュメンタリー映画です。


ヴェンダースは、ハバナのエレガントな町並み、アムステルダムでの名高いコンサート、さらにニューヨークの輝かしいカーネギーホールでの歴史的ステージも加えて、アルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に参加したキューバ・ミュージシャンたちのセクシーな音楽と彼らの人生の哀歓をフィルムに収めました。



映画はアムステルダム公演のシーンに始まり、カーネギーホール公演のシーンで終わります。


キューバの音楽は楽しげなリズムなのに哀愁を感じるところが好きで、この映画を観る前からけっこう聞いていましたが、その音楽をウェンダースが作った映像とともに体感できるなんて!最高です!


この映画を見てから、ものすごくキューバに行きたくなり、自分の人生スケジュールにキューバ行きを組み込みました。
まだ観ていない方は、鑑賞後には、もしかすると僕同様にキューバに行くことを決意するかもしれません。


キューバから届いた至福の音楽、至福の映像、至福の瞬間を味わってみてください。


BUENA VISTA SOCIAL CLUB - TRAILER
http://www.youtube.com/watch?v=Gc6HFT_3zqQ



Writing by IW DESIGN (IW DESIGN ONLINE STORE)






Buena Vista Social Club
Nonesuch
1997-09-16
Ry Cooder

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Buena Vista Social Club の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック