RAF SIMONS 復活!

News です!


ショーを行ったにもかかわらず、(クオリティーに関しての対立という噂)2011-12秋冬が生産されないという情報が入っていた RAF SIMONS (デザイナー本人の名前を冠したファッションブランドです)ですが、昨日から New York で展示会が行われています。


どうやら和解して生産されることになったようです。


2011-12秋冬ニューヨーク・コレクション期間に合わせて、8~10日、自身のコレクション"RAF SIMONS"の展示会が行われているとのこと。


あえて時代に逆行するような新しい試みが観れる大好きなブランドなだけに、ブランドが無くなってしまうのかと思って、すごく残念だったのですが。
 

再開してよかったー。


この機会に RAF SIMONS をここでご紹介します。


【略歴】
ラフ・シモンズは1968年、ベルギーのニールペルト郊外のゲンクで生まれる。
大学は工業デザイン学校に入学し写真やビデオ等を学ぶ。
学生時代に研修でウォルター・ヴァン・べイレンドンクのアントワープオフィスで働いたことがきっかけで、ファッションに興味を持つ。

大学卒業後、家具のギャラリーで2年間働き、インテリアデザイナーとして活躍するが、しだいにファッションへ興味が向かい、独学で服作りを学ぶ。
ラフシモンズ本人はマルタン マルジェラのコレクションを見てファッションの仕事をしようと決めたと言う。

自ら作った服を持ち、アントワープに移り、アントワープ王立美術アカデミーのファッション学科ディレクター、リンダ・ロッパに出会う。
そこでファッションへの方向転換を決意。
ラフシモンズ自身はアントワープ芸術アカデミーへの入学を希望したがリンダ・ロッパに「あなたはうちの学校で学ぶ必要がない」といわれ引き続き独学で服作りを学んでゆく。

リンダ・ロッパの後押しもあり1995年会A/W、ミラノの展示会でプレゼンテーション形式で自身のブランド「ラフ シモンズ」のコレクションを発表。

2005年7月1日より、ジル サンダーのメンズウェア及びレディースウェアのクリエイティブ・ディレクターを務める。



リンダ・ロッパがアカデミーの入学を断った話は有名ですが、彼の作品からはクリエーションの力がハッキリ見えます。


その面白さが彼の服の特徴。


これからも毎回楽しみに観ていきたいと思います。



こちらは HP のイメージ映像。

Raf Simons Spring/Summer 2010 Campaign Film by Willy Vanderperre
http://www.youtube.com/watch?v=b6ihcBmEEug&feature=related



実際の HP はこちらです。

RAF SIMONS
http://www.rafsimons.com/



Writing by IW DESIGN (IW DESIGN ONLINE STORE)


彼のクリエーションを観るのに最適な本があります。
↓彼のクリエーションから学びたいという方におすすめです。



Raf Simons Redux
Charta
Raf Simons

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Raf Simons Redux の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック