買うなら今! 小山泰介『SANDWICH Textures』

世界が注目するアーティスト Taisuke Koyama の作品を買うチャンスです!


G/P galleryで現在行われている

Taisuke Koyama SANDWICH Textures
小山泰介『SANDWICH Textures』


- 8.14(sun) 12:00 - 20:00
Monday Closed / 月曜休


では、3月にPDF写真集として作家が限定販売した作品「SANDWICH Textures」の大判インクジェットプリントを展示、またライトジェットプリントを販売しています!


僕はまだ写真集(サイン入り(^^))しか持っていませんが、あたらしい写真の表現をする Taisuke Koyama の作品はぜひ欲しい。


ギャラリーのいいところは、タダで作品が観れるところ。


彼の作品は、今後はきっと値が上がっていく気がします。


若い作家なので、買うなら今のうちだと思います。


彼の写真は一見写真に見えません。何を撮ったのか分からない時もありますが、街を歩いて発見した何かをカメラを使って切りとってきたような感じ。


その写真はショーウィンドウの一部だったり、洗車中の車の一部だったり、とにかくグラフィックに見える写真というか、3次元のものを撮っているのに2次元のものに見えたりします。


素材が分からない面白さがあり、そして、美しい。


写真を見に行くというより、絵を見に行くようなつもりで観てみてください。


僕は自分のケータイの待ち受けに画像を入れるのがあまり好きではないのですが、以前使っていたケータイの待ち受け画面は彼の作品にしていました。


そのくらい好きです。


そして今回は、現在、東京都現代美術館で展覧会を開催中のアーティスト名和晃平さんとのコラボ。


名和さんの作品も素晴らしいので(先日このブログでご紹介しました)両方とも観てみるのを強くお勧めします。


以下、インフォメーションとして発表されている内容。

本展では、アーティスト名和晃平氏とコラボレーションし、3月にPDF写真集として作家が限定販売した作品「SANDWICH Textures」の大判インクジェットプリントを展示、またライトジェットプリントを販売致します。

小山泰介は、今最も精力的に活動を行っている若手フォトアーティストの1人であり、2006年に「ひとつぼ展」で入選後、国内外のグループ展、個展、アートフェアで作品を発表してきました。写真集「entropix」「Melting Rainbows」には国際的に高い評価が寄せられています。現在、台湾のSOKA Art Center Taipeiでグループ展「As Long As Rainbow Lasts」に参加している他、5月のシンガポール・アート・フェスティバルでは、ドイツのエレクトロミュージック・レーベルRASTER NOTONの作家Kangding Ray他海外作家たちとコラボレーションするなど他メディアとのコラボレーションも積極的に行っています。

名和晃平とのコラボレーション作「SANDWICH Textures」は、 東日本大震災の直後に義援金を集めるためにPDF写真集として作家が限定販売した後、本年5月に京都・HOTEL ANTEROOM KYOTO内「GALLERY 9.5」にて個展「Polytope」を開催中した際に初めてのプリントとして発表されました。2009年に開催された小山の個展でのトークに名和氏が参加したことから交流が始まり、2010年NYでのカンファレンスの際にコラボレーションの計画が立ち上がった後、小山は名和氏のスタジオ「SANDWICH」を度々訪れ、ドローイングプロセスを撮影するというセッションを行ってきました。それは単なる名和氏の制作プロセスのドキュメントではなく、マテリアルと写真が融合した作品を生み出す2人のアーティストの挑戦とも呼べるものと言えるでしょう。今回の展覧会では、大判インクジェットプリントを11点発表する他、ライトジェットプリントの作品も展示販売いたします。


詳しくはこちらからどうぞ

G/P GALLERY
http://www.gptokyo.jp/gp/ex_2010/article/Taisuke_Koyama__SANDWICH_Textures


Writing by IW DESIGN (IW DESIGN ONLINE STORE)



entropix
G/P
小山 泰介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by entropix の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"買うなら今! 小山泰介『SANDWICH Textures』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント