テーマ:泣けるロック

行きたくて行けなかった AIR JAM 2011 Hi-STANDARDの再始動!せめてTVで

2011年9月18日(日)横浜スタジアム。 Hi-STANDARD が主催し97年にスタートしたイベント「AIR JAM」。 音楽とスケートボードなどストリートカルチャーを融合し、圧倒的に支持されたこの伝説のイベントは2000年開催以降休止していましたが、Hi-STANDARD の再始動と共に11年ぶりに9/18に横…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Wait, They don't love you like I love you. “Maps”

今日は泣けるロックをご紹介します。 Yeah Yeah Yeahs の "Maps" です。 2003年発売の最初のフルアルバム"Fever to Tell"に収録されています。 EPの曲は入っていないけれど、僕には強烈な曲ばかり。 ボーカルのカレン・Oのカリスマ性からかもしれませんが、ニック(ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18禁 心の詩 銀杏BOYZ 「べろちゅー 」

今日はI/W ( すごくアーティスティックなもの ) な曲をご紹介します。 銀杏BOYZ 「べろちゅー 」 この曲、18禁と書いたのは、その歌詞からです。 冒頭から、"ひいてしまう"人もいるかもしれません。 でも、そういう部分って、ホントの部分な気がします。 そのまま聴きすすめれば、逆に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音と詩の力 Sambomaster (サンボマスター)

今日は大好きな曲(泣けるロック-4)をご紹介。 Sambomaster (サンボマスター) の Sono Nukumori ni You Ga Aru (そのぬくもりに用がある)です。 ボーカル・ギターの山口 隆さん。 この一体感を作れる人、すごいです。 人間の弱いところと、求めているものをさらけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏教哲学×ロック=BRAHMAN

今日は泣けるロック(その3)をご紹介。 日本のロックバンド、 BRAHMAN(ブラフマン) です。 仏教を少しでもかじったことがある人にはピンとくるこの名前。 ブラフマンとは元々小国の王子だったブッダを悟りの道へと導いたとされる者。 僕自身,、宗教の信仰はありませんが、神を信じるのではなく、哲学を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 銀杏BOYZ

今回は I/W (すごくアーティスティックなもの) な音楽の紹介兼、泣けるロック‐2です。 今更と感じるかもですが、新旧問わないスタンスのブログですので、紹介しちゃいます。 僕的には日本を代表するパンクバンド ”銀杏BOYZ” 始め、学生が銀杏BOYZの”援助交際 ”っていう曲を教室で歌っているのを聴いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣けるロック-1

Blur "Sing"映画「Trainspotting 」のサントラに入っている曲です。 泣ける曲が好きです。 特にパンクで泣けるともっと好きです。 この映画とBlurを聞いてた10代を思い出すー。 http://www.youtube.com/watch?v=YdrFpPJgxC4
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more